着付けからメイクまでこなすフォトスタジオのヘアメイク


着物の着付けのスキルが求められる

フォトスタジオへの需要の高まりと比例して増えているのが、ヘアメイクのできるスタイリストのニーズです。フォトスタジオでは、洋装から和装、それに子供の七五三から成人式の振袖までありとあらゆる着付けに対応することが求められます。そのため、着物の着付けができるスタイリストが重宝されているのです。特に依頼が多いのが結婚式の前撮りなので、ドレスから白無垢までオールマイティに着付けができる人材が求められています。

衣装に合わせてメイクを変える

ヘアメイクというのは、衣装によって大きく変わります。ドレスと和装ではメイクの種類が異なるため、ヘアメイクさんは臨機応変に対応することが求められるのです。フォトスタジオで働くスタイリストの場合、衣装によってメイクを変える必要があるため、センスの良さが求められることが多いでしょう。また、フォトスタジオでは、写真撮影をすることが前提となるので、その人に合わせてメイクを変えたり、天候に合わせたメイクをする必要があります。

ロケーション撮影は専属のスタイリストに

ロケーション撮影を行う場合には、ヘアメイクを担当するスタイリストは専属スタイリストとして撮影に付き添うことが一般的となっています。撮影中にメイクを直したり、カメラマンのライティングに合わせてメイクを加えたりします。また、撮影の際にドレスや着物を直したり、写真に映えるように整えたりするのもスタイリストの重要な仕事です。撮影は半日の場合もあれば、1日がかりになることもあるので体力がいります。

ヘアメイク派遣というサービスには色々な特徴があります。リーズナブルな料金で、プロのヘアメイクを指定の場所と時間に派遣してくれるのです。