自動運転の登場によって、ドライバーたちの求人はどうなるのか


自動運転の登場に恐怖するドライバーたち

自動運転の登場によって、ドライバーが不要になる社会が登場します。専門の運送業やタクシードライバー達の求人はどうなってしまうのでしょうか。少し考えてみましょう。

やがて来る自動運転の未来

自動運転の開発は自動車業界に留まらずグーグルやソフトバンクなど、ITを得意とする業界が主導となって行われるようになって来ています。今後のインターネットサービスや5G回線の普及によってその開発速度はさらに上がってくると思われています。従来は人の手にしか出来なかった自動車の運転は、IT技術の進化によって遅かれ早かれ代替される事になるでしょう。

もし自動運転が人間と遜色ないレベルで運転技術が並ぶのであれば、間違いなくタクシーや定期路線の陸上輸送は自動運転にとって変わられてしまうでしょう。ある程度の間は、自動運転では対応出来ない問題や運用責任上の問題から人間が同乗する必要があるあります。完全な自動化までは5段階のレベルが想定されており、その間はすべての運転が無人運転になってしまう事はないでしょう。ですが、いずれは無人運転が当然の時代になってしまうのは時間の問題です。人間のドライバーたちは生き残る事ができないのでしょうか。

ドライバーとしての生存戦略

ドライバーを生業として生きていこうとするならば、自動運転のAIには出来ない人間独自のサービスで勝負するしかありません。たとえば、クライアントの応対が非常に優れた「コミュニケーションスキル」が評価されているドライバーを解雇する事は、会社にとっても大きな損害となるでしょう。運送ならば多種多様な荷物の扱い方や積み込み方など、運転とは別種のスキルをもつ人もかなり強いと思われます。

それでも未来はやってくる

しかし、独自技術をもっていたとしても「コンピューターが学習可能な領域」であれば、いずれ自動運転にすべて取って代わられてしまいます。人間のドライバーは常に一人分の知識と経験で勝負するしかありませんが、自動学習が可能なロボット達は常にネットワークで繋がっていますので、全てのロボットが経験した事を知識として各自が利用できます。どんなに人が頑張ったとしても、人としての限界があるかぎり必ずコンピューターの学習速度に追いつかれてしまいます。その上、人間には老いがあります。対して自動運転のロボットは部品さえ交換すればいつも最良の状態で仕事を行う事ができるのです。

やがてタクシーは呼べば車そのものが送迎してくれるようになり、定期トラックは全くの無人で定期路線を往復する事となります。そのとき、人間のドライバーの仕事はまったく必要となくなるでしょう。しかし、それはまだ遠い先の未来です。ですが、確実に迫ってきている未来でもあります。

ドライバーの求人は多彩です。運送業者のトラックやバスやタクシーなどがあります。幼稚園や病院などの送迎サービスもあるのです。