知っておこう! 工場の仕事の仕事環境はこうなっている


工場は24時間体制で動いている

工場勤務の求人はめずらしくありませんが、その仕事環境はあまり知られていないかもしれません。製造している商品は工業製品から食品までいろいろですが、規模が大きい工場ほど24時間体制で稼働しているのが通例です。そのため、そこで働く社員は24時間を3つ程度の区間に分けて勤務シフトが組まれます。勤務が深夜や早朝になると給与が増額されるので、しっかりと稼ぎたいなら深夜の勤務を希望するとよいでしょう。工場内ではいろいろな役割の社員が勤務していて、よくあるのはベルトコンベアに合わせた作業です。いわゆる流れ作業で、仕事に慣れないうちはベルトコンベアの動きが速く感じられるかもしれませんが、新入社員用に速度を抑えたり、繁忙期以外は比較的ゆっくりしていたりするので安心です。

社員寮がある工場もある

大きな工場ほど24時間体制で稼働しているので、勤務シフトの区切りが深夜や早朝になることもあります。状況によっては公共交通機関が運行していない場合もあるので、自家用車やバイクでの通勤を認めている企業もあります。さらに通勤しやすい環境を整えるため、社員寮を設けている事例もめずらしくありません。社員寮は工場に近い場所にあるのが通例なので、通勤時間はかなり短くなります。また、一定の管理費の負担はありますが、光熱費の自己負担がなかったり、食事が提供されたりします。一般的な賃貸物件を借りるよりも生活費を抑えられる傾向にあるので、貯蓄に励みたい人には向いているかもしれません。

仕事探しは、インターネットの求人サイトや公的な職業紹介所で見つける事ができ、これらの求人媒体は無料で使える事がほとんどです。