これで怖いものなし??住み込みの仕事の基礎知識


住むために用意された建物について

すべてではないものの、工場の求人募集要項の中には「社宅完備」や「住み込み」や「寮を用意しています」と書かれています。ただしどのようなところに住むことになるのかがわからないですから、不安に感じる人は多いでしょう。しかしこれは求人募集を出している企業によってかなり違ってくるため、一概には言えません。例えばワンルームのところがあれば、3LDKといった部屋を用意している場合があるのです。加えて一人部屋を与えられたり、複数人での共同生活をしたりとさまざまです。

ただどのような形態の住み込みになるのだとしても、同程度の賃貸物件で暮らす場合に比べてお金がかからないです。こちらも企業によって変わりますが、家賃が必要なところでも1から3万円程度で済むことが多いです。大企業の住み込みになると、無料で寮や社宅が利用できる場合があります。

他にも知っておくと良いこと

住み込みの仕事と聞くと、学生寮などを思い浮かべる人がいて、自由がほとんどないのではと考えてしまいがちです。ところが未成年ばかりの学校とは違い、工場の求人に応募するのはほとんどが20歳以上です。そのため門限を設定しているところは少なからずあるものの、たいていは普通に生活できます。しかも最近ではカップルや友達同士、女子寮や独身寮などさまざまなバリエーションの寮が用意されています。

そして住み込みの良い点は、寮や社宅は仕事場となる工場の近所にあるところです。徒歩で数分ほどで行ける場合がほとんどで、仮に離れている時は送迎バスがあるのが一般的です。そのおかげで始業時間のギリギリまで寝ていられますし、交通費の節約になります。

utエイムの公式サイトはこちら