工場での働き方は短期も人気!求められている能力は?


短期間で働く?それとも正社員になる?

工場の求人に応募する人の特徴の1つとして、短期間で働くことを希望する人も多いということがあげられます。一般的には正社員のほうが安定した収入を得られる上、生涯年収も派遣やアルバイトと比較してはるかに高くなりやすいので人気です。ところが、工場の求人に応募する人の中には「自分は正社員は希望していない、他にやりたいことがあるのでそのために短期で貯金をしたい」という人などもいます。短期間で働きたい人に人気があるのが期間工の仕事です。期間工は未経験からでも1年目で年収400万円前後が達成できる可能性がある非常に高収入の仕事です。工場での仕事は基本的に肉体労働なので、40代・50代になってくると体がもたなくなるということを理由に短気を希望する人もいます。もちろん、正社員になれば定年まで安定した収入を得られることが期待できるので、正社員を目指す人も多いです。

工場の仕事で求められている能力

工場の仕事は基本的に肉体労働なので、健康であること・最低限の体力があることが面接で必ずといっていいほど見られます。接客業のようなコミュニケーションスキルは求められないものの、なにかトラブルが起きたときにはコミュニケーションが重要です。心身の不調や怪我だけでなく、機械のトラブルなども工場の現場では発生します。円滑なコミュニケーションがとれないと、なにが起きたのかを把握するのにも時間がかかり問題の解決が遅れます。正社員を目指す場合には将来的にリーダーや管理職になっていく可能性も高いので、よりハイレベルな健康管理能力・体力・コミュニケーション能力などが求められるはずです。

イカイアウトソーシングの公式サイトはこちら