憧れの外資系!応募する前にチェックすべきポイントは?


応募するならメリット以外にデメリットもチェック

仕事を探している人の中には、現在勤めている職場から外資系への転職を検討している人も多いと思います。中には外資系に対する憧れやイメージだけで、転職を考えている人もいらっしゃるかもしれません。転職後に後悔しないためにも、まずは外資系のメリットとデメリットをしっかり押さえておくことをおすすめします。

外資系のメリットについて

外資系の最大のメリットとも言えるのが給料が高いという点です。もちろん何をしなくても高い給料が得られるというわけではなく、きちんと結果を出した上でのことですが、頑張った分きちんと評価してもらえるのは大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。年齢や性別、入社時期などに関係なく評価してもらえるという点も外資系のメリットと言えるでしょう。

また、外資系ということで海外に本社や支店が数多くあるケースが多くなっています。そのため、海外転勤や出張、研修などで海外で働けるチャンスが広がるという点も外資系のメリットとなっています。

外資系のデメリットは?

メリットの多い外資系ですがデメリットもあるので注意が必要です。能力主義ということで日本企業では考えられないようなスピード出世も夢ではありません。その一方で、結果が出せなければ反対にスピード降格もあるため、安定性に欠ける面があります。また、外資系の中には福利厚生面が充実していないところも多くなっています。後になって困らないためにも、外資系に応募する場合は給料や休日などのわかりやすい部分だけでなく、福利厚生面についてもしっかりチェックすることをおすすめします。

外資 ITと繋がる大きなメリットは、やはり世界最先端の技術に触れるチャンスがあるところです。その為に就職や転職をする人もいます。