意外と奥が深い!?トラックドライバーの求人について


トラックドライバーの種類を把握しよう!

一口に「トラックドライバー」といっても、その種類は複数あります。大きさだけなら2トン車~大型トレーラー。車の種類で言えば、冷凍車やタンクローリー等があります。積む荷物によって使用するトラックは異なりますし、必要な免許も、場合によっては資格が必要なものもあります。例えば、大型トレーラーであれば「けん引免許」が必要ですし、ガソリンを運ぶタンクローリーならば、大きさに合った運転免許証はもちろんのこと、「危険物取扱者」の資格が必要です。

トラックによって必要な免許は違う!

運転免許には複数の種類があります。その種類は普通自動車免許、準中型免許、中型免許、大型免許、けん引免許です。それぞれの免許で運転できる車両総重量、最大積載量、乗車定員が異なります。また、免許を取得した時期によってそれぞれの定義が異なっているので、求人に応募する前に必ず確認するようにしましょう。

トラックドライバーの求人に応募する際に選ぶポイント

トラックドライバーの求人に応募する際に重視するポイントは人によって違います。今回は「給料と勤務体系」についてポイントを絞ってご紹介します。会社によって多少は変動がありますが、基本的に「大きなトラックで長距離を走る仕事」が一番給料設定が高い傾向にあります。

勤務体系は会社によって異なりますが、多くの場合夜に出勤し、昼には帰宅する場合がほとんどです。独身の場合は給料を第一に考え、夜中に働くチャーター便でも良いと思います。しかし家族との時間を優先したいのであれば、市内の配達と集荷をメインで出している求人もあります。給料だけにこだわらず、このようなポイントも踏まえておきましょう。

トラックドライバーの求人は、日本全国の取引先や顧客に荷物を届けるものから、事業所の近隣で営業を行うものまで様々なものがあります。