実は知らない!?秘書の仕事内容から働き方まで!


こんなことまで?秘書の仕事とは

「秘書」とは、一般企業や病院、様々な業界・業種に存在している仕事です。簡単に言うと、社長や役員、医師や弁護士など重要な任務を担っている人のサポートをするお仕事です。具体的には、電話対応、メール・手紙への対応スケジュール管理、来客対応、文書作成などを行います。この他にも上司の出られない会議に出席したり、上司の仕事に役立ちそうな情報を収集したりするなど様々な仕事があります。
このように秘書には、上司の仕事を理解して働きやすいような環境を整えることが求められます。

秘書として働きたい!資格は必要なの?

秘書という仕事には高い事務処理能力はもちろん、幅広い業界の知識や経験が必要とされます。また秘書は資格が必要な仕事ではありませんが、スキルをアピールできる資格があります。それが秘書技能検定試験です。公益財団法人 実務技能検定協会が実施している試験で、性別や年齢、学歴問わず誰でも受験することができます。3級から1級まであり、1級・準1級には筆記試験に合格すると二次試験(面接試験)があります。秘書を目指す方なら持っていて損はありません。

千差万別?秘書の働き方とは

秘書は、上司のスケジュールに合わせて動かなければいけません。土日も出勤、深夜まで仕事をするようなタイプの上司であれば、自ずと秘書も同じ働き方になるということです。入社する前にどの様な働き方になるのかをしっかりと確認しましょう。

未経験でも?派遣で秘書という働き方

未経験でも秘書として働きたいという方には、派遣という働き方をオススメします。派遣であれば多くの会社から条件に合った職場を見つけることができます。派遣社員から正社員への道が開けることもありますので、秘書に挑戦したい人はぜひチェックしてみてください。

秘書の派遣の仕事を探しているのであれば、どのような紹介会社に登録するかがコツの1つです。良い紹介会社と巡り合えれば、相性がいい職場を見つけやすくなります。